狭山市 入間市 所沢市 飯能市 川越市 動物病院

彩の森動物病院トップページへ

〒350-1305
埼玉県狭山市入間川3-5-18

9:00~12:00、16:00~19:00
※休診:金曜日
午前の診療受付は11:30分まで

彩の森動物病院 電話番号04-2937-7797

当院での治療例/腫瘍科

Case.01

肝臓腫瘍の切除

■ ボーダーコリー×Wコーギーの雑種犬 16歳齢 去勢雄

肝臓腫瘍の切除 2ヶ月程前に起立不能になったとの主訴で本院初診。
血液検査、X線撮影、腹部超音波検査により、肝臓外側左葉に10cm大の腫瘤が確認された。
CT撮影により腫瘍の部位の確定、大血管の巻き込み等を確認し、切除可能と判断されたため、外科切除を行った。
CT撮影時の腫瘍1

CT撮影時の腫瘍(緑)

CT撮影時の腫瘍2

CT撮影時の腫瘍(緑矢印)

摘出された腫瘍の病理組織検査結果は中心部に出血・壊死を含む肝細胞腺腫、完全に切除されているため良好な予後が期待されるとのこと。

症例は経過良好のため術後3日で退院、オーナー様から現在は以前より元気になったとの報告あり。

治療例一覧へ戻る

Case.02

口腔内悪性腫瘍の切除

2週間前からご飯の食べ方に違和感があり、口にしこりがあるとの主訴で本院来院。

細胞診にて乏色素性メラノーマを疑う所見あり

腫瘍は右下顎に3.5×2.0×1.5cmで存在し、細胞診にて乏色素性メラノーマを疑う所見あり。

局所X-rayにて下顎骨に浸潤を認めた

また局所X-rayにて下顎骨に浸潤を認めた。

領域リンパ節、その他明らかな転移所見を認めなかったが、急速増大傾向があったため、早急に第四前臼歯後方からの下顎骨部分切除を行った。

第四前臼歯後方からの下顎骨部分切除

病理組織検査(IDEXX)にて腫瘍は『悪性黒色腫』。
核の異形成は強いが、切除断端には腫瘍細胞は認められず、完全切除となった。

術後1日で自力摂食可能となり、容貌の変化も最小限に抑えることができた。
口腔内悪性腫瘍の切除後1 口腔内悪性腫瘍の切除後2 口腔内悪性腫瘍の切除後3

治療例一覧へ戻る

Case.03

口腔内腫瘍(悪性黒色腫:メラノーマ)の切除

■ ミニチュアダックス 12歳齢

口腔内腫瘍(悪性黒色腫:メラノーマ)の切除 歯肉炎、口臭を主訴に本院来院
左下顎に腫瘍を確認し、切開生検にて悪性黒色腫(メラノーマ)と診断
左下顎犬歯後方から顎関節までの切除 下顎リンパ節の廓清
リンパ節転移、遠隔転移所見を認めなかったため
左下顎犬歯後方から顎関節までの切除、下顎リンパ節の廓清をおこなった。
口腔内腫瘍(悪性黒色腫:メラノーマ)の切除後

術後1日で自力摂食可能。

切除後の病理診断にてマージンフリー、リンパ節への浸潤は認められなかったため、現在も良好な経過をたどっている。

治療例一覧へ戻る

Case.04

肺の腫瘍切除(腺扁平上皮癌)

■ 10歳齢のスタンダードプードル

肺の腫瘍切除(腺扁平上皮癌) 間欠的な咳を主訴に本院来院
X-rayにて右肺中葉に孤立性のマス陰影を確認

X-rayにて右肺中葉に孤立性のマス陰影を確認

細胞診で悪性を疑う所見があり肺葉切除をおこなった。
肺葉切除1 肺葉切除2

病理組織診断にて腺扁平上皮癌、切除マージンフリー
術後7日ICUでの管理後退院
良好な経過を辿っている。

治療例一覧へ戻る

Case.05

平滑筋肉腫

■ 12歳齢の雑種犬 避妊雌

平滑筋肉腫 左体壁にできた大きな腫瘍を主訴に本院来院。
細胞診により腫瘍は平滑筋肉腫と診断された。
左体壁にできた大きな腫瘍 領域リンパ節正常、明らかな遠隔転移所見は認められなかった。
腹部超音波にて腫瘍は横隔膜の一部、左腎および尿管、左副腎を巻き込むように存在していた。
腫瘍の増大に伴い、座る際に痛がるなど一般生活に支障をきたしていたため腫瘍とともに肋骨、横隔膜の一部、左腎および尿管、左副腎の摘出をおこなった。
腫瘍自体の重さで1.7Kg

腫瘍自体の重さで1.7Kg

腹膜の切除後メッシュにより補填

腹膜への浸潤が広範囲にわたっていたため、腹膜の切除後メッシュにより補填した。

平滑筋肉腫術後
副腎・腎臓からの影響を考え内科治療をおこない、術後2日から一般状態に問題なく、術後10日で退院し現在も良好な経過を辿っている。

治療例一覧へ戻る

Case.06

神経内分泌癌の切除

後肢の跛行を主訴に来院し、検査時に発見された腹腔内腫瘍

神経内分泌癌の切除 腫瘍は大型で、周囲組織との癒着が多く認められた。
底部癒着を剥離し切除

底部癒着を剥離し切除

腫瘍は病理組織検査にて神経内分泌癌

腫瘍は病理組織検査にて神経内分泌癌

腫瘍切除により、元気・食欲等一般状態が大幅に改善された。

治療例一覧へ戻る

彩の森動物病院 画像082