当院での治療例/腫瘍科

肝臓腫瘍の切除

ボーダーコリー×Wコーギーの雑種犬 16歳齢 去勢雄

2ヶ月程前に起立不能になったとの主訴で本院初診
血液検査、X線撮影、腹部超音波検査により、肝臓外側左葉に10cm大の腫瘤が確認された。
CT撮影により腫瘍の部位の確定、大血管の巻き込み等を確認し、切除可能と判断されたため、外科切除を行った。

CT撮影時の腫瘍(緑)

CT撮影時の腫瘍(緑矢印)

摘出された腫瘍の病理組織検査結果は中心部に出血・壊死を含む肝細胞腺腫、完全に切除されているため良好な予後が期待されるとのこと。

症例は経過良好のため術後3日で退院、オーナー様から現在は以前より元気になったとの報告あり。

治療例一覧へ戻る

当院での治療例獣医師スケジュールトリミングサロン・ペットホテル HydePark
PageTop
ページTOPへ メニュー一覧へ