当院での治療例/整形外科

椎間板ヘルニアG5の外科手術

ミニチュアダックスフンド 5歳齢


歩行不能を主訴に本院来院
来院時、両後肢の深部痛覚消失を認めたため、
椎間板ヘルニアグレード5と診断し、画像診断センターにてMRIの撮影を行った。


第3~4腰椎間の椎間腔が狭小化しており左側からの圧迫を認めたため片側椎弓切除術を行った。


術後20日
ふらつきは残るが順調に回復しており、自力歩行が可能となった。

治療例一覧へ戻る

当院での治療例獣医師スケジュールトリミングサロン・ペットホテル HydePark
PageTop
ページTOPへ メニュー一覧へ