病院案内

院長ご挨拶

当院では、動物とオーナー様を第一に考え誠実な診療を行います。

彩の森動物病院 院長 ご挨拶 『治療・検査については選択肢を提案し、費用を含め十分にご説明し、 ご納得いただく、いわゆるインフォームドコンセントを徹底します。
理にかなった、透明性のある獣医療を提供することを心がけております。
地域のホームドクターとしてトータルケアを行い、皆様が大切な家族と1日でも多く快適な生活をおくれるようにお手伝いいたします。
また、大学病院等と連携し、常に質の高い診療を提供できるように最新の獣医療を学び続けます。』
彩の森動物病院 院長

 

コンセプト

彩の森動物病院では透明性のある誠実な診療を心がけております。

彩の森動物病院 コンセプト オーナー様と十分に話し合い、ご納得いただいたうえで最善の検査・治療・予防の方法を提供いたします。

当院は全ての動物に対し全力で予防・治療にあたります。

スタッフ一同、常に自分がその動物のオーナーであることを想定した対応をいたします。

院内紹介

※ 各室の 名称部分 にマウスを合わせると、画像をご覧になれます。

建物マップ

ドッグラン

病院横にドッグランを併設しております。

ドッグラン ドッグラン

医療設備




全自動血球計数器
赤血球数、白血球数、血小板等の血液成分を定量し、貧血・炎症・凝固障害の有無を検査します。
血液生化学分析器
血液等を分析することにより、肝臓・腎臓などの内臓の異常を検査します。短時間で検査結果が得られるので、迅速な対応が可能となります。
血液電解質検査装置
血液中の電解質(ナトリウム・カリウム・クロール)を測定し体の体液バランスを知る為の検査機器です。



顕微鏡
糞便検査や尿検査、細胞診で得られた画像を診察室のモニターに接続し、飼い主の方と一緒に確認します。
超音波診断装置(エコー)
体に負担をかけず心臓やお腹の中などの検査を行うことができます。カラーを用いて血液の流れもわかりやすく見ることができます。最新の機材を用いて、より詳しい診断ができるようにしています。



X線診断装置
骨の異常や、腹部・胸部の異常を画像でチェックするための機器です。
画像診断システム:OsiriX
レントゲンや超音波検査の画像、顕微鏡の映像などをデジタル化し、より分かりやすい情報の提供をすることが出来ます。
デジタルX線画像診断システムCR
映像がデジタル処理できるので、鮮明で見やすいレントゲンが撮れます。有害な廃液もでず、環境にも優しい機械です。



生体情報モニター
心電図、血圧、経皮的動脈血酸素飽和度、呼吸数、動脈血炭酸ガス分圧、体温といったバイタルサインや、麻酔ガス濃度のモニタができます。
麻酔器
動物に麻酔をかける際に適切な麻酔濃度、酸素供給を維持するために使用します。
サクション
水分を吸引する機械で、手術時に腹腔内をきれいにするときなどに使用します。これを使用することで癒着や感染の予防につながります。



電気メス
手術中に使う機器です。出血を止めたり、止血しながら切開や切除する時に使います。
骨手術用機器
骨や歯を削るシステムです。
超音波スケーラー
動物の歯石除去を行う機械です。動物の健全な口内環境を保つための治療が可能です。



遠心分離機
尿検査や血液検査を行うときに必要です。血球成分と血漿成分を分離します。
耳境・検眼鏡
耳の検査や眼の検査の時に使用します。



シリンジポンプ
通常の輸液ポンプでは点滴することができない程の微量な薬剤の投与などの点滴に用いられます。
滅菌器
手術器具の滅菌に使用します。
動物用ICU
個別に酸素濃度・温度・湿度のコントロールが可能なので、術後や呼吸状態により使用します。



電子内視鏡
開腹せずに消化管(食道、胃、腸)の内部をみることができる検査機器です。
異物の摘出や病変組織の採材のために使用されます。
整形外科用機材
骨を切る、削る等の際に使用します。
当院での治療例獣医師スケジュールトリミングサロン・ペットホテル HydePark
PageTop
ページTOPへ メニュー一覧へ